Top >  02話題のダイエット方法を解説 >  18時(午後6時)以降食べないというダイエットは効果的?

18時(午後6時)以降食べないというダイエットは効果的?

くーちゃんこと、倖田來未さんが実践して成功したという18時以降食べない
ダイエットというのがあります。ご存知ですか?


やり方はいたって簡単で、名前のとおり18時(午後6時)以降はお腹が空いて
何があっても食べないということです。水分補給は別ですよ。


このダイエットは効果的かどうか?ということですが、いろいろと解説が
必要なんですね。ということでこの魅惑のダイエットについて解説すると
食事は吸収されやすい時間とされにくい時間がまずあるんですね。具体的
には午後3時のおやつタイムは食べても大丈夫なんですが、夜10時ぐらいの
食事は強烈に吸収されるんです。


それから遅い時間に食べて寝ると睡眠中も消化活動に追われるので体が
疲れてしまって朝すっきり起きれないとかなんだかいつもだるいという
ことが起きてきます。


そもそも原始の人間は太陽のリズムがそのまま1日のリズムなので太陽が
沈んだら寝るもんなんです。時間的には6〜7時には太陽が沈みますから
この時間になったら寝るというのがいいんですよ。


この時間にモノを食べるとかはしないほうがいいのは当たり前なんです。


酵素栄養学というのがあってこれで考えると18時(午後6時)以降食べない
ことで消化につかわれる酵素を代謝にまわせるので脂肪燃焼や新陳代謝の
促進に使えます。


その結果、余計な脂肪も燃えるというのはあるにはあるんですね。


いずれにせよ、夜はもう寝るだけなのでがつがつ食べてエネルギーを補給
する必要はないということです。胃腸に負担のないものを食べて早く寝る。
自然のリズムに暮らすだけで本来の体重調整メカニズムが働くということ
なんでしょうね。

 <  前の記事 トマトダイエットは効果薄!意味ないとっていいぐらいです。  |  トップページ  |  次の記事 肩甲骨ダイエットってどんなの?効果あるの?  >