Top >  01ダイエットの基本知識 >  食べ方を工夫して痩せるダイエット〜新しいダイエット中の食事制限

食べ方を工夫して痩せるダイエット〜新しいダイエット中の食事制限

カロリーの高い食生活を改善し、低カロリーのものを食べる、そして
食べる量は控えていくというのがダイエット中の食事制限です。


ただ、こうした食事制限は食べるのが大好きな人、特に女性にとっては
相当ストレスが溜まってしまうものであり、実践しても、辛くて3日坊主
で終わってしまうことも多く、もっと悪いことに、食べられなかった
反動で、食べてしまってむしろ太るいうことも多いんです。


そこで今注目されているのが、食べ方を工夫して痩せるダイエットです。


例えば、エネルギーとして脂肪になりやすい炭水化物をカロリーが低くて
タンパク質が高いものに切り替えて、炭水化物を多く取らなくてもお腹が
満たされるようにするといった工夫です。


要するに炭水化物中心の食事を低カロリー高タンパク型に変えましょうと
いうのが食べ方を工夫して痩せるダイエットの本質です。


おすすめの食材としては、


◎ 赤身のお肉
◎ エビやイカなど魚介類
◎ 納豆や豆腐など植物性のタンパク質


これらのものがごはんがわりの主食になります。また、野菜などを生で大量に
食べるというのも、空腹にならないための工夫です。


野菜などを先に食べてお腹をいっぱいにしてから他のものを食べるとあまり
食べられないので結果としてカロリーを制限することにつながるので食べる
順番を変えるというのも食べ方を変える工夫のひとつですよね。


まったく楽して痩せるということは無理です。


食べるのを我慢したくない人は、このように「何をどの順番で食べるか?」
こういう点を意識して頑張れないといけません。

 <  前の記事 骨盤クッション枕ダイエットで痩せるわけない!  |  トップページ  |  次の記事 ダイエット中の食事が通常の食生活になるようにするとリバウンドしません。  > 

         


このページについて

このページは「ダイエットノウハウ集」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。